横断型基幹科学技術推進協議会 (横幹技術協議会)

横幹技術フォーラム

第48回
人工知能によるシステム構想力・統合力の強化
~ものづくりプラス企業の実現に向かって~

日 時: 2016年11月7日(月)13時10分-16時50分
会 場: キャンパス・イノベーションセンター東京 1F 国際会議室(最寄り駅:JR田町駅から徒歩約5分)
(http://www.cictokyo.jp/access.html)
主 催: 横幹技術協議会、横幹連合
企画要旨:

 IoT、ネットワーキング等のICTの遍在化が、新たな価値を備えた新システム出現の可能性を高めており、このシステムを核とするソリューションの提供が第4次産業革命における競争場面になり始めている。この競争を勝ち抜くために、我が国企業が誇るものづくりにプラスするビジネス変革が強く望まれ、企業のシステム構想の立案力・統合力が問われている。
 これまでのシステム構想の立案や統合は、限られた人的ネットワークの中で、手作りで取組まれてきた。しかし、情報蓄積や計算力の爆発的増大を背景とした人工知能型のアルゴリズムによって、システム環境を想定する未来洞察(フォーサイト)、システム化対象のモデリング、様々な制約条件の下でのシステムアーキテクチャ探索のプロセス等が大きく変貌を遂げる機会が生まれている。
 本フォーラムでは、大学・企業とも連携した国内最大の人工知能研究拠点である(国研)産業技術総合研究所人工知能研究センターの研究リーダをお迎えし、人工知能研究の進展を俯瞰するとともに、ものづくりプラスに貢献するシステム構想力・統合力の強化施策について議論する。

参加費:

<参加費無料対象者>
・横幹技術協議会会員企業の関係者
・横幹連合会員学会の正会員
・学生
(ただし、資料代1,000円が必要となります。当日、受付にて申し受けます。)

<一般>2,000円(資料代込)



【プログラム】    講演要旨など、詳細プログラムはこちら から

                 総合司会 舩橋誠壽(北陸先端科学技術大学院大学)
13:10-13:15 開会あいさつ 桑原 洋 (横幹技術協議会会長)

13:15-15:15




◆講演1
「人工知能技術の進展と今後の可能性」


◆講演2
「人と相互理解できる次世代人工知能:生活・サービス分野への応用と社会実装の課題」

麻生 英樹
(産業技術総合研究所)




本村 陽一
(産業技術総合研究所)
15:15-15:30    <休憩>
15:30-16:40








◆パネル討論
「システム構想立案・統合を強化する人工知能」



上記講演者
 





山本 里枝子(富士通研)
加藤 博光(日立製作所)



16:40-16:50
閉会あいさつ 鈴木 久敏(横幹連合 会長)
 
横幹技術協議会ホームページ
横幹連合ホームページ