横断型基幹科学技術推進協議会 (横幹技術協議会)

横幹技術フォーラム

第47回
第4次産業革命に向けたサービス科学の役割とビジネス応用に向けた課題

日 時: 2016年5月31日(火)13時00分-17時30分
会 場: 日本大学・経済学部 7号館講堂(最寄駅 JR水道橋駅から徒歩約5分)
(http://www.eco.nihon-u.ac.jp/about/maps/)
主 催: 横幹技術協議会、横幹連合
企画要旨:

 第4次産業革命により、つながりを持った価値共(協)創型の社会が創造される。本フォーラムでは、情報化の波がもたらす第4の産業革命の意味すること、 そして実現のために求められるパラダイム転換の方向について、サービス科学の視点「包括性(ホロニック)、デザイン思考、学際・業際・国際のインター、創発、 決定論的世界観から進化論的世界観、生命論・複雑性」というキーワードから問題提起をおこない、「IoTの現状と将来展望」を包括した上で、わが国のリーディング・ カンパニーにおける推進状況を紹介する。
 パネルディスカッションでは、わが国の製造業は、何のために、何に取り組み、何に戸惑い、何に困っているのか。ドイツ、アメリカはいま何をしているのか。 わが国の産・学・官、各々における役割と課題について検討する。

参加費:

<参加費無料対象者>
・横幹技術協議会会員企業の関係者
・横幹連合会員学会の正会員
・学生
(ただし、資料代1,000円が必要となります。当日、受付にて申し受けます。)

<一般>2,000円(資料代込)


【プログラム】    講演要旨など、詳細プログラムはこちら から

                 総合司会 藤井 享 (㈱日立製作所・横幹連合産学連携副委員長)
13:00 開会あいさつ 桑原 洋 (横幹技術協議会会長)

13:10-14:50




◆講演1
「サービス科学の視点から見た高度技術社会の未来」


◆講演2
「業務を支えるITからヒトを支えるITへ―AR・ウェアラブル技術の活用-」

鴨志田 晃
(横浜市立大学 教授・新日鉄住金ソリューションズ㈱ 取締役)




井上 和佳
(新日鉄住金ソリューションズ㈱専門部長)
14:50-15:10    <休憩>
15:10-17:20








◆講演3
「人・組織・社会の情報学・経営学・死生学」

◆講演4
「IoT x デザイン = あたらしいカタチのイノベーション」
       
◆パネルディ スカッション


阪井 和男
(明治大学 教授・明治大学サービス創新研究所 所長)





大川 真史
(㈱三菱総合研究所主任研究員)



パネラー:講演者の皆様
17:20-17:30
閉会あいさつ 鈴木 久敏(横幹連合会長)
 
横幹技術協議会ホームページ
横幹連合ホームページ