横断型基幹科学技術推進協議会(横幹技術協議会)

横幹技術フォーラム

第46回
第6次産業への取り組み-複数システムの連携による価値構築-

日 時: 2015年11月7日(土)13時00分-17時00分
会 場: 日本大学・経済学部 7号館 9F 7091室(最寄駅 JR水道橋駅から徒歩約5分)
(http://www.eco.nihon-u.ac.jp/about/maps/)
主 催: 横幹技術協議会、横幹連合、日本経営工学会西関東支部
企画要旨:


 最近、TPP問題がマスコミで取り上げられており、日本農業への不安と期待が議論されている。また、この時流を受けて農林水産省に於いても「農山漁村の6次産業化」と称して、2次産業・3次産業を取り込み、複数の関連したシステムを活用して有機的・総合的結合を図り、1次産業を振興して地域経済の再生を企画している。メーカーからは産業設備の転用や農業生産装置の提供といった複数システムの連携で、農水産業を含んだ新たな価値が構築される社会の建設への貢献となる機会と思われる。そこで、閉塞感のある日本の経済状況を打ち破るために、日本経営工学会西関東支部では、研究部会を立ち上げ第6次産業について経営工学の視点で検討してきた。

 今回のフォーラムでは、6次産業化への様々なトピックを取り上げて、各方面から専門家を講師として招き現状の課題の議論を深めていく講演会を企画するものである。なお今回は日本経営工学会西関東支部と共催とする。

参加費:

<参加費無料対象者>
・横幹技術協議会会員企業の関係者
・横幹連合会員学会の正会員
・学生
(参加費無料対象者は資料代1,000円が必要となります。当日、受付にて申し受けます。)

<一般>2,000円(資料代込)


【プログラム】   プログラムはこちらから(講演要旨など)

                 総合司会 藤川 裕晃(東京理科大学)
13:00 開会あいさつ 桑原 洋(横幹技術協議会 会長)

13:10-14:30




◆講演1
「第6次産業の課題と複数システム連携による価値構築」


◆講演2
「日本の農業の現状と提案~コメが人類を救う」

藤川 裕晃
(東京理科大学)





尾ノ井 憲三
(元ヤンマー㈱)
14:30-15:00    <休憩>
15:00-16:55








◆講演3
「第6次産業とICT活用」

◆講演4
「農産物の流通の在り方」
       
◆講演5
「植物工場のエンジニアリング」


堀川 三好
(岩手県立大学)





野見山 敏雄
(東京農工大学)




山中 宏夫
(大成建設㈱)
16:55-17:00
閉会あいさつ 出口 光一郎(横幹連合 会長)
 
横幹技術協議会ホームページ
横幹連合ホームページ