横断型基幹科学技術推進協議会(横幹技術協議会)

横幹技術フォーラム

第29回
知の新しい活用法を求めて
〜実践と理論の連携〜

日 時: 2011年1月19日(水) 13:00〜16:45
会 場: 日本教育会館 707号室
主 催: 横幹技術協議会、横幹連合

開催趣旨:

企画趣旨
 異分野・異業種で連携が進まない理由の一つに、それぞれの専門用語の体系の違い、用語の解釈の違い、事物の表現方法の違いなどがあるように見える。オントロジー工学は、このような問題にとりくむ一つの方法論である。また、知識を体系的に集積、整理、利用することで全く新しい社会的・産業的な活動が創成される。実際、オントロジー、生活機能構成学など既存の科学技術分野にまたがって知識を活用するあたらしい動きがある。このような事例に活発にかかわっている最先端の研究者の話を聞くことは意義が深い。


参加費:

横幹技術協議会会員企業の関係者、横幹連合会員学会の正会員、学生は参加無料当日資料費:1,000円(購入希望者のみ 費用は当日申し受けます)

オンラインでの参加申込は終了しました。

 
このページの先頭に戻る

【プログラム】

プログラムはこちらから(PDF)

                            総合司会: 平井 成興(千葉工業大学
未来ロボット技術研究センター 
副所長 )
13:00〜13:05 開会あいさつ 桑原 洋(横幹技術協議会 会長)

13:05〜13:20
 本企画のねらいについて
平井 成興
13:20〜14:10
◆講演1 見守るデジタルヒューマン:実践的知識活用の事例
西田 佳史(産業時術総合研究所 
デジタルヒューマン工学研究センター 
チームリーダー)
14:10〜15:00
◆講演2 オントロジー工学:知識の体系的整理と工学的活用への挑戦
溝口 理一郎(大阪大学 教授)
15:00〜15:50
◆講演3 生活機能構成:ロボット活用社会の将来像を求めて
松本 吉央(産業時術総合研究所  
サービスロボット研究グループリーダー)

(15:50〜16:00 休 憩 )

16:00〜16:40
◆総合討論 パネルディスカッション      司会:平井 成興
講師の皆様
舘 ワ
(慶応義塾大学 教授)
16:40〜16:45
閉会あいさつ 舘 ワ(横幹連合 理事、産学連携委員会委員長)  


このページの先頭に戻る