横断型基幹科学技術推進協議会(横幹技術協議会)

横幹技術フォーラム

第28回
将来社会創造アプローチの展開(2)
〜市民との対話による構想立案〜

日 時: 2010年10月4日(月) 13:00〜16:45
会 場: 文京シビックセンター 26階 スカイホール
主 催: 横幹技術協議会、横幹連合

開催趣旨:

企画趣旨
 新しい資源エネルギー態勢の模索と移行、新興国経済の劇的な躍進、文化・経済の世界的な緊密化など、激動する事業環境にあって、将来社会の構想力が強く問われている。前回のフォーラムでは、未来構想の立案が具体的にどのように実践されているかを観た。今回は、未来は人々の中にあると捉え、人々との対話の方法論と取組み状況をレビューする。社会的期待をどのように掴むかは、これからの科学技術の新たな方向である課題解決型イノベーションの起点でもある。


参加費:

横幹技術協議会会員企業の関係者、横幹連合会員学会の正会員、学生は参加無料当日資料費:1,000円(購入希望者のみ 費用は当日申し受けます)

オンラインでの参加申込は終了しました。

 
このページの先頭に戻る

【プログラム】

プログラムはこちらから(PDF)

                            総合司会: 山本 修一郎(名古屋大学 教授)
13:00〜13:05 開会あいさつ 桑原 洋(横幹技術協議会 会長)

13:05〜14:05
◆講演1 対話のシステム方法論−状況とステークホルダーの多様性への多元的アプローチ
高橋 真吾(早稲田大学 教授)
田原 敬一郎(未来工研 研究員)
14:05〜14:45
◆講演2 IT分野におけるリスクコミュニケーション支援ツールの開発とその展開
佐々木 良一(東京電機大学 教授)
14:45〜14:25
◆講演3 専門家と市民の協同による21世紀問題解決デザイン:科学技術コミュニケーションのための参加型シミュレーション
菱山 玲子(早稲田大学 准教授)
14:25〜15:55
◆講演4 経済産業省におけるオープンガバメントの取り組みについて
守屋 学(経済産業省 商務情報政策局情報プロジェクト室 室長補佐)

(15:55〜16:05 休 憩 )

16:05〜16:40
◆総合討論 ・・・・・・              司会: 山本 修一郎 (名古屋大学 教授)
16:40〜16:45
閉会あいさつ 舘 ワ (慶應義塾大学 教授)  


このページの先頭に戻る