横断型基幹科学技術推進協議会(横幹技術協議会)

横幹技術フォーラム

第27回
将来社会創造アプローチの展開(1)
〜未来構想立案の実践と手法〜

日 時: 2010年7月30日(金) 13:05〜16:50
会 場: キャンパス・イノベーションセンター 国際会議室
(山手線・京浜東北線 田町駅下車徒歩1分、都営三田線・浅草線三田駅下車徒歩5分)
主 催: 横幹技術協議会、横幹連合

開催趣旨:

企画趣旨
 新しい資源エネルギー態勢の模索と移行、新興国経済の劇的な躍進、文化・経済の世界緊密化など、激動する事業環境にあって、将来社会の構想力が強く問われている。シナリオプランニング、デルファイなど、かっての未来学における手法が、情報通信技術の進展やその社会展開を取り込んで、複雑化した今日の社会環境にも通じるように、新たな姿を形作りはじめている。最新の将来社会の構想化の実践例やその方法論の動向をレビューし、将来社会の創造に結びつける方策を探求する。



オンラインでの参加申込は終了いたしました。
大変申しわけございませんが、当日受付けはいたしません。
 
このページの先頭に戻る

【プログラム】

プログラムはこちらから(PDF)

                            総合司会: 舩橋 誠壽(横幹連合 事務局長)
13:05〜13:10 開会あいさつ 桑原 洋(横幹技術協議会 会長)

13:10〜13:45
◆講演1 低炭素社会はどんな社会か?
      -ビジョン構想とその定量化手法-
藤野 純一(国立環境研究所 
           主任研究員)
13:45〜14:20
◆講演2 「眠っているドラゴンを起こす2つのゲーム〜 都合学からのチャンス発見アプローチ 〜」
大澤 幸生(東京大学 教授)
14:20〜14:55
◆講演3 集合知の活用による未来予測(仮題)
山口 浩(駒澤大学 准教授)
14:55〜15:30
◆講演4 イノベーションを生み出すためのIBMの取り組み   
板倉 真由美(日本IBM梶@部長)

(15:30〜15:45 休 憩 )

15:45〜16:45
◆総合討論 将来構想のレシピ         司会: 太田 敏澄 (電気通信大学 教授)
16:45〜16:50
閉会あいさつ 木村 英紀 (横幹連合 会長)  


このページの先頭に戻る